It seems we can’t find what you’re looking for. Perhaps searching can help.

千鶴の感謝

千鶴の鑑賞とは、「本物」「本物の名誉」を意味します。サンスクリット語では、単語は「シヴァ」であり、神々に関連付けられています。

サンスクリット語は、神々への愛と敬意を表すためにさまざまな文化で使用されてきました。しかし、この考えがクリスチャンに採用され始めたのは中世になってからでした。ローマ人とギリシャ人もサンスクリット語を使用して、神への敬意を表しています。

一部の著者によると、この用語は、世界を創造し、生命を維持するために神聖な女性のエネルギーを引き付けるためにシヴァによって最初に使用されました。しかし、他の何人かの作家によると、シヴァは彼の神性の最高の力と権威を表現するためにこのタイトルを使用していました。いくつかのヒンドゥー教の経典によると、シヴァはすべての神々の中で最も強力であり、したがって、彼は彼の称号で彼の覇権を表現していました。

実際、一部のヒンズー教徒はシヴァを真の神と見なしています。彼らは彼を唯一の真の神と見なしているので、他の神を信じません。そのため、ヒンズー教徒が神への愛や敬意を表すとき、彼は通常「シヴァ」「シヴァ・ヴリッティ」「サンスクリット語の名誉」という用語を使用します。非ヒンズー教徒がタイトルの概念を理解しようとするとき、彼はまた、タイトルを適切な方法で使用することによって、適切な方法で彼の感情を表現するように努めるべきです。このテーマに関して入手可能な本や記事がいくつかあります。「シヴァ」の意味を知りたい人は、これらの本を参照して詳細を確認してください。

いくつかの本によると、タイトルは「創造を担当した人」を意味します。 「シヴァ」は神を表すものではないことを理解する必要があります。むしろ、「シヴァ」は「神の創造主」の略です。同様に、「シヴァ・ヴリッティ」という用語は「神の創造主の好意」を意味します。しかし、神の創造主と地球上の生命の創造主との間には違いがあるため、「シヴァ・ヴリッティ」という用語は「神の創造主の好意」を意味する場合もあります。

いくつかの寺院やスピリチュアルセンターでは、信者は神と神の創造主に対する感情を表現するためにタイトルを使用するように求められます。信者は、この称号を使用して、自分の気持ちを主に表現するように促されます。ただし、タイトルの使用は、必ずしもその宗教との宗教的関係を示すものではなく、純粋に世俗的な意味を持っている場合があります。