It seems we can’t find what you’re looking for. Perhaps searching can help.

映画:塩根真理

日本人のファンとして、塩音まりのDVDにがっかりしたのは私だけではないと確信しています。私はそうではありませんでした、そして私はあなたと映画についての私の意見を共有したいと思いました。

しおねまりという映画はドラゴンズゲートと呼ばれています。その中で、マリという名前の少女は、裕福なビジネスマンである父親が日本の株式市場で大金を稼ぐのを手伝おうとしています。マリは日本の株式市場に夢中になり、東京に行ってビジネスの内容を確認することにしました。

私にとって、この映画は何よりも謎であり、ドラゴンの門は、マリがすべてを行い、すべてについて考えるという退屈なシーンでのプロットの欠如を補うものではありません。それはただの退屈な映画であり、すべての行動であり、感情はありません。

マリは東京近郊の工業地帯であるシオンの家のスラム街に住む孤児です。彼女が知っている唯一の家族は、彼女の里親である姉妹です。彼女は隣人のハル(牧野勝久)にも恋をしているが、彼のことすらよく知らない。彼女の状況のために、マリは彼女の日のほとんどを他の人々と過ごすことになり、家に帰ることはありません。

マリの人生がひっくり返ると、彼女は家に帰ってハルという男を見つけることになります。ハルは億万長者であり、国際的なスパイです。彼は日本出身であり、長い間マリを知ろうとしていたことが明らかになった。当初、マリは彼と話をしたくなかったが、彼がどんな人であるかを理解した後、彼女は彼をもう少しよく知るようになることに決めた。

映画は間違いなく面白いです、そして彼らがロマンチックな関係を持っているので、私はマリのキャラクターが好きです。でも、結局、彼女とハルのロマンスがうまくいくとは思えない。多分私は間違っていて、多分この映画はマリ・シオネの大きな謎へのミッシングリンクです。

映画のあるシーンで、マリはハルに新しいものをすべて見せており、彼女がそれらを作っている間、彼は彼女のためにそこにいたいと言っています。しかし、彼女は何かが必要なときにだけ彼が必要だと言います。そのシーンには素晴らしい映画を作る可能性がたくさんあるように感じます。

映画は少し笑いましたが、映画のメインストーリーは長すぎて、観客とはあまり関係がないと感じました。時々、この映画は一人の人間だと思っていたような気がしました。それがマリでした。そして、日本の株式市場については、彼らがより良い映画を作ることができたと私に信じさせるほどはっきりと出くわしたものは何もありませんでした。

全体的に、あなたが良いキャラクターと良い物語で良いミステリーを探しているなら、私はこの映画をお勧めしません。少し長めで、がっかりすることになると思います。